冬の結露を防ぐ家づくり

2020.02.13   お知らせ スタッフ 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!
よかタウンの広報担当です。
 
寒い冬のお悩みの1つ、窓に付着する「結露」。それが原因でカビが発生・・・なんてこともありますよね。
実は、よかタウンの炭の家、冬の結露もできにくいんです!今回は、その秘密についてご紹介します。

 
 

結露はどうして起きる?


結露は、寒い室外と暖かい室内の温度差によって空気中の水蒸気が水に変わることで発生します。だから寒暖差が大きくなる冬場によく見られるんです。
 

炭は、結露を起きにくくする!


 
 

天井裏に敷き込んだ炭が寒暖差によって発生した余分な湿気を吸着することで、結露を防いでくれます。カビの発生も抑えるので、キレイな空気の中で安心して暮らしていただけます。

 

24時間自動換気システムが炭との相乗効果を高める


 
 

こまめに換気を行うことも、結露防止をするうえで大切です。24時間換気システムのツイン・エアー・フレッシュが空気を屋外に出す排気運転と、屋外から空気を取り入れる吸気運転を繰り返し、炭の力を最大限に高めてくれています。

 

ペアガラスで室内と室外の温度差を緩和


 
 

ペアガラスは2枚のガラスの間に空気の層があるため、単板ガラスよりもガラス表面の温度が上がりにくく下がりにくい、断熱効果があります。これによって室外と室内の温度差を緩和して、結露を出にくくします。
 


 

また、湿気は結露やカビの発生だけでなく、シロアリを発生させて家そのものの寿命を縮めてしまう原因にもなります。

炭の家は、天井裏と床下に炭を敷き詰めて余分な湿気を外に排出しています。その結果、長く安心して住める環境をキープしてくれているんですよ。
 

【粕屋モデルハウス完成】住む人の目線で家事ラク動線を叶えた水周り

2020.02.11   お知らせ スタッフ 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!
よかタウンの広報担当です。
 
好評をいただいている糟屋郡須恵町の新モデルハウス。
「水周りってどうなってるの?」
そんな声にお応えして、今回はお風呂やトイレ、洗面などの水周りをご紹介いたします!
 

トイレや洗面脱衣所は、プライバシーを守れる間取りに


 

「トイレは、洗面脱衣所の隣に」という間取りをよく見かけますが、粕屋モデルハウスでは玄関を挟んで左側にトイレを、右側に洗面脱衣所とお風呂をつくりました。

 

それぞれに独立させることで、家族でもプライベートな空間を確保できるようにしています。来客時にもいいですよね。

 

トイレのそばには、小さな洗面台も設置しました。
さらに、2階にもトイレを設置しているので、就寝前や朝の“渋滞緩和”にも。
 

家事ラク動線!大きな収納も確保!洗面脱衣所までの道


 

玄関とキッチンから通り抜けできる場所にある洗面脱衣所は、帰ってきてそのまま洗面へ、お風呂へ。そんな時短を叶えてくれる間取り。

 

キッチンに立ちながらお風呂に入った子どもたちの様子も分かります。
大きな収納も備えているので、タオルや衣類、掃除用具まで1箇所で管理!

 

さらに、洗面脱衣所とキッチンの間にはパントリーも!買って帰った日用品をパントリーに収納、残りはキッチンへ、といった一連の動作も1つの動線で叶います!

 


子どもと楽しめる広い浴室
 



ダークトーンの色みで高級感を感じる浴室。足を伸ばしてゆっくり入れる大きなバスタブは、子どもと一緒に入るのも、一人でゆっくり入るのにも十分な広さ。掃除がしやすいのもおすすめポイント!
 
 
住む人の目線になって考える水周りは、デザインも使いやすさもバッチリです!
これだけ揃っていても、よかタウンなら低コストで実現できちゃいます。
モデルハウスでは、こちらの水周りも実際に見て品質を確かめていただけますよ。
 

【粕屋モデルハウス完成】家族で過ごす開放的なLDK

2020.02.06   お知らせ スタッフ 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!
よかタウンの広報担当です。
糟屋郡須恵町に完成した新モデルハウス。前回は家の外側をご紹介しましたが、今回は家の内側についてご紹介します!

 
 

明るい光が差し込む吹き抜けの玄関
 



玄関の扉を開けると、吹き抜けの開放的な玄関ホールがあります。
吹き抜け部分の窓は、直線的な明るい光が入る透明のガラスを採用。青い空や緑など外の景色も楽しめます。

 

大型のシューズクローゼットも設置。通り抜けの間取りで、靴を脱いだらそのままキッチンに抜けることもできるので、荷物をたくさん抱えて買い物から帰ってきたときにはとっても便利!
シューズクロークの扉を間仕切りにして、来客用の玄関と家族用の玄関を分けるのもおすすめです。
 

家族でくつろぐために、すっきりした空間をキープする工夫



 

開放的なLDK。リビングの壁紙の一部はライトグレーに、間接照明もつけて立体感が出て、より広い空間に感じられる工夫を。リビングのアクセントにもなっています。

 

モノが増えがちなリビングには必ずほしい収納も大容量のクローゼットで対応。
 

木目調のアクセントでワンランクアップ


 

キッチンの天井や柱には木目調のクロスを貼ってワンランク上の空間に。LDKのアクセントになり、まるでお店のようなおしゃれさ。
キッチンからは庭で遊ぶ子どもの様子も景色も楽しめます。
 

開放感が増すスリット階段


 

リビングを広く開放的にしたかったので、階段はスリット階段にして抜け感を出しました。足が抜けないようにステップの高さを少し低くしたことで、足への負担も緩和。

 

階段上には窓をつけて、ここでも開放感を感じる工夫を。階段を登りながら感じる光や外の景色も心を和ませてくれます。

 

よかタウンのこだわりが詰まった新しいモデルハウス。ご紹介したモデルハウスの見学は随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください!
 

【粕屋モデルハウス】家の顔、「外観」へのこだわり

2020.02.04   お知らせ スタッフ 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!
よかタウンの広報担当です。

 

先月新たにオープンした粕屋郡須恵町のモデルハウス。これまでのモデルハウスとは雰囲気が違う新しいテイストのモデルハウスとなっています!そこで、このモデルハウスについて担当した設計士に話を聞いてきましたよ。まずは家の顔となる〈外観編〉をお届けします!
 

福岡市のベッドタウンとして人気の「粕屋エリア」


 

新たなモデルハウスは、福岡市のベッドタウンとして人気が高い「粕屋郡須恵町」に誕生。自然豊かな場所にありながら最寄り駅まで徒歩15分、そこから博多駅までは約30分、イオンモール福岡まで車で10分圏内と子育てに嬉しい環境が整っています。
 

デザイン性の高いスタイリッシュな外観




そんな好立地にある新モデルハウスは、敷地面積60.7坪、建坪38坪の4LDK。
黒をベースにした四角い形の建物に四角い窓をはめ込み、窓さえもデザインの一部に。窓は視線が気にならないように高い位置に設置しています。

 


黒をベースに重厚感のある雰囲気に


 

建物の外観は、これまでのモデルハウスとは雰囲気を変えて重厚感のある黒をベースにしています。外壁材は、雨が降ると汚れが流れ落ちる「サイディング」を使用。屋根には、錆びにくい「ガルバリウム」を採用しました。
 

黒ベースだから“抜け感”が大事


 

黒の外壁だけだと重たい印象になりがち・・・。そこで、外壁の一部に木目調の格子を入れて柔らかさもプラス。玄関サイドの壁にもタイル調の外壁材を貼って抜け感を出しています。

 

どこまでも住む人の目線になり、そこで繰り広げられる生活をイメージして設計された家。見た目も快適性も兼ね備えたモデルハウスができました!
次回は、家の内部をご紹介します。お楽しみに!
 

\新モデルハウスオープン/ 糟屋郡須恵町に新たに誕生!

2020.01.30   お知らせ スタッフ 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!
よかタウンの広報担当です。

 

先日、糟屋郡須恵町によかタウンのモデルハウスが新たにオープンしました!
これまでのモデルハウスとはひと味違ったスタイリッシュな外観と、住む人の生活をどこまでも考え抜いた設計が魅力のモデルハウスとなっています。

 

【 糟屋モデルハウスの詳細 】
◆場所:福岡県糟屋郡須恵町大字須恵135付近 ※駐車場あり
◆アクセス:JR香椎線須恵中央駅より徒歩15分、イオンモール福岡から車で5分
 

《 モデルハウスの見どころ 》
 

広いカウンターが魅力のオープンキッチン

 

開放的なLDKにあるキッチンは、手元をすっきりと見せてくれるリクシルのオープンキッチンを採用。キッチンの広いカウンターは家事の時短を叶えてくれるカウンターテーブルとしても使っていただけます!

 

大型の食器棚と可動式の棚が魅力のパントリーも作りました。
 
「オープンキッチンだと何がいいの?」
「キッチンの収納ってどのくらいあるといいの?」
そんな疑問も実際に見て体感して解決していただけます♪
 

2階は子ども部屋3部屋+寝室

 

リビングにあるスリット階段を上がった2階には、4.5畳の子ども部屋が3部屋と7畳の寝室があります。

 

全ての部屋に広いクローゼットを設置し、さらに廊下にもクローゼットを作りました。子どもの成長とともに増えがちなモノをすっきりしまえる大容量の収納を備えています。
 

大型分譲地の一角にあり土地の見学もできる!

モデルハウスがあるのは、よかタウンが現在販売している大型分譲地の一角にあります。モデルハウスを見たあとに土地の見学も可能です!
 
▼詳細はこちらから
https://www.yoka-town.com/bunjo/ch-suemachi-ichibanda.html

 

モデルハウスの見学は随時受け付けています!よかタウンのWebサイトからご予約の方には、最大で2,000円分のQUOカードをプレゼントしていますよ。
 
▼モデルハウス見学のご予約はこちらから
https://www.yoka-town.com/form-list.html
 

【よかタウンのスタッフ紹介】 日比生拓也〈営業担当〉

2020.01.28   お知らせ スタッフ 人事 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!よかタウンの広報担当です。
お客様によかタウンを選んでいただいた理由を伺うと、ありがたいことに「担当者がよかったから」というお声をよくいただきます。そこで、今回は入社4年目のよかタウンの営業担当スタッフ日比生拓也をご紹介します!

 

Q:よかタウンに入社した理由は?
4年前に新卒で入社しました。人が好きなので営業で探していたところ、よかタウンとの出会いがありました。とにかく、人と会社の雰囲気が良くて。風通しのいい会社だなと感じたんです。入社してからもその印象はずっと変わらずにいます。ほんと裏表のない会社です!

 

Q:仕事のやりがいは?
「日比生さんが担当してくれてよかった」と言ってもらえたときが一番嬉しいです!お引き渡し後にバーベキューに呼んでもらえたり、今でもいい関係性でいてくださるお客様が多いんです。
私たちは、“家を作って終わり”ではなく、生涯頼りにしていただけるパートナーになりたいという想いでお客様と向き合っているので、その想いを受け取ってくださるお客様が多くて本当にありがたいです!

 

Q:お客様から聞いた「よかタウンを選んだ理由」
「自社で土地を持っていること」と「炭の家に惹かれて」と言われることが多いです。土地探しに苦戦している福岡でも、よかタウンは立地のいい場所に分譲地を常時持っています。
また、鼻炎やアトピー、黄砂が気になるお客様に炭の家は特に好評です。肉料理や魚料理後の臭いも気にならないと仰っていただいています。
 
Q:休日の過ごし方
福岡市近郊の海に釣りに出かけたり、仲間たちとフットサルを楽しんでいます!買い物も好きですね。
毎日車で1時間以上かけて通勤していますので、行動範囲は広い方だと思います。

 

Q:メッセージをどうぞ
品質はもちろんですが、家は“誰と建てるか”がすごく大切だと感じています。人生できっと一番大きな買い物だから信頼できる人に、信頼できる会社にお願いしてほしいなと思います。
よかタウンのスタッフは、人に対して愛情があって尊敬できる人ばかり!
ぜひ、モデルハウスに来ていただいて、その良さを感じていただきたいなと思います。
 

使いやすさ?デザイン?システムキッチンを選ぶポイント

2020.01.23   お知らせ スタッフ 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!よかタウンの広報担当です。
よかタウンのモデルハウスにご来店いただいた奥様たちに好評なのがキッチン。奥様が一番気になる場所かもしれませんね。
そこで、よかタウンのキッチンについて営業担当に聞いてみました!

 
 

タカラスタンダードとリクシル、どう選ぶ?

よかタウンのシステムキッチンは、タカラスタンダードとリクシルの2社から選べます。


 

タカラスタンダードのキッチンは、ホーロー製なのでお手入れしやすいのが魅力。リクシルのキッチンは、デザイン性が高く、種類が豊富です。
 

お手入れしやすいタカラスタンダードのキッチン

タカラスタンダードのシステムキッチンは汚れやすい部分がホーロー製なので、お手入れしやすく、耐久性が高いのが特徴です。調味料や油汚れが付着してもさっと水拭きで落とせます。

 

汚れがこびりついてしまうレンジフードもホーロー製。簡単に汚れが落とせます。デザイン性の高い「ホーロークリーンレンジフード」は、グッドデザイン賞も受賞。

 

タカラスタンダードのキッチンには、便利なマグネットボードも付いてきますよ!
 

デザイン性が豊富なリクシルのキッチン

リクシルのキッチンは、どんなインテリアにも合うデザインが豊富に揃っています。シンプルなお住まいにも個性的なテイストのお住まいにも馴染むことができます。

 

もちろん、機能も充実。熱にもキズにも強いセラミックトップや調理と後片付けをサポートしてくれるWサポートシンクなど、住む人それぞれの生活スタイルに合ったキッチンを見つけることができると思います。
 

すっきりとした印象のオープンキッチンと使いやすい動線が魅力

飯塚モデルハウスのキッチンには、タカラスタンダードのシステムキッチンを採用。フルフラットのオープンキッチンと豊富な収納が特徴。

 

料理から配膳、片付けまでの動線が短くなるキッチンの並びにあるダイニングテーブルの配置が奥様たちに好評です。
 
 
あなたは、どちらのキッチンが好みでしたか?実際のキッチンは、よかタウンのモデルハウスでご覧いただけますので、お気軽にご来店くださいね。
 

隙間のない断熱で冬もあったか住まい

2020.01.21   お知らせ スタッフ 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!よかタウンの広報担当です。
寒い日が続きますが、皆さんの住まいは暖かく快適ですか?よかタウンの炭の家は、断熱性能もしっかりしているので、冬も暖かく快適に過ごせます!

 


冬の快適性を左右する断熱材

冬の室内を快適に過ごしやすくするために欠かせないのが断熱材。よかタウンでは、一般的なグラスウールではなく、水の力を発泡させて現場で直接吹き付け施工する硬質ウレタンフォームを採用。

従来のグラスウールなどの断熱材は、施工部分に合わせてカットして貼っていくため、細かい部分に隙間ができてしまうという問題も。

 

硬質ウレタンフォームは、直接施工する箇所に吹き付け、その場で発泡するため、細かい部分の隙間ができず、安定した断熱効果と省エネ効果があります。
 

24時間換気システムのツイン・エアー・フレッシュが室内を温める

24時間換気システムのツイン・エアー・フレッシュは、熱交換器としての働きもあります。

 

外気を室内に取り込むときに熱に交換されて、暖かい新鮮な空気が室内に入り込みます。ツイン・エアー・フレッシュは、家の中に複数台設置するので、1台が吸気している時には、別の機器は排気を行い、部屋の中の空気を温めながら新鮮な空気に入れ替えているので、冬でも暖かい部屋をキープします。
 

炭の効果で冬の乾燥も防ぐ

冬は、もともと空気が乾きやすいのに加えて暖房によってさらに乾燥しがち。でも、よかタウンの家は、天井や床下に敷き詰めた炭の効果で湿度を調整し、冬でも乾燥しにくい部屋にしてくれます。適度な湿気があることで暖かさを感じやすくなります。

 

冬でもあったかい炭の家を、モデルハウスに体感しに来てください!数時間いても肌が潤っているのを感じていただけると思いますよ。
 

元気いっぱいに子どもと暮らす炭の家

2020.01.16   お知らせ スタッフ 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!よかタウンの広報担当です。
よかタウンの炭の家は、アレルギーや喘息持ちのお子さまがいらっしゃる方にも好評です。お引き渡し後のアンケートでは、“症状が落ち着いている”といったお声もよくいただきます。

 


喘息の原因となるカビやダニの発生を防ぐ

天井裏に敷き込んだ「炭」が余分な湿気を取り除いてくれるので、喘息などの症状に影響を与えると言われるカビやダニの発生を防ぎます。

 

家の中の空気が常にきれいな状態で保たれるので、喘息をお持ちのお子さまがいても安心して過ごせますよ!

 


炭がアレルギーの原因となる有害物質を吸着

炭は、建材などに含まれる有害物質(ホルムアルデヒド)も吸着。一度吸着された化学物質は炭の気孔に閉じ込められるので、その後に拡散するリスクもありません。

 

独特なツーンとした鼻をつくニオイも気にならないので、新築でも快適です!
 
 

「炭の家」で、いつもキレイな空気をキープ

炭は、部屋の空気が乾くと湿度を放湿し、空気がジメジメとすると湿気を吸い込み、その時々に合わせて吸湿と放湿を繰り返しながら部屋の湿度を調整してくれます。


 
 

その炭の力を最大限に引き出すのが24時間換気システムの「ツイン・エアー・フレッシュ」。炭とツイン・エアー・フレッシュの相乗効果で、家の中は常に浄化されたきれいな空気で満たされています。
 



「炭の家」の供給実績は、九州ではよかタウンがNo.1!
よかタウンで子どもも笑顔になる健康な家づくりを。
 

快適な住まいのカギは「デザイン性と使いやすい生活動線の両立」にあり!

2020.01.14   お知らせ スタッフ 

この記事は過去の内容であり、現状と異なる情報が含まれている場合がございます。
記事内の最新情報につきましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちら


こんにちは!よかタウンの広報担当です。
低価格ながらデザイン性も高いと評判の炭の家。今回は、炭の家のデザイン面でのこだわりをよかタウンの設計士に聞いてみました!
 

デザインのこだわり

大きな吹き抜けのリビングや料理が楽しくなるキッチン、ビルトインガレージなど、お施主様のご要望を最大限にデザインに活かしています!

 

子どもの成長や時代の変化によってライフスタイルは変化していくもの。だからこそ、どんな暮らしにも合うように、できるだけシンプルなものを。でも、住む人の“らしさ”が出るようなデザインを心がけているそう。

 


デザイン性と使いやすい動線を両立

デザイン性と使いやすい生活動線の両立が大切です。「動線は一直線で短く」を基本にしているので、「玄関から直線で繋ぐ直線ホール」の動線が多いです。飯塚モデルハウスもこの間取り。

 

意外と見落としがちなのが「階段の位置」と「部屋の関係」。階段の位置によって作れる部屋の数が変わります。ホール階段にするのか、リビング階段にするのか、その位置はどうするのか、ほしい部屋の数や広さによって決めていきます。

 

リビング階段はインテリアの一部にもなるので、階段の踏み台に合わせて造作の棚をデザインすることも。「お気に入りの小物を飾ったり、普段よく使うものをしまっておいたり、とても重宝しています」と、嬉しいお言葉も。

 


子どもとの時間が増える工夫

子どもたちが家で過ごす時間は意外と長いです。だから子どもがのびのび遊べるようなスペースづくりや子どもと遊ぶ時間、家族のコミュニケーションが増えるデザインを意識。


 

例えば、子どもが遊ぶリビングや和室は、キッチンから目が届くように。LDKと繋がる和室なら子どもが走り回れる十分な広さがあります。リビングからそのまま出られるテラスも目を配らせながら子どもを遊ばせることができるスペース。

 

最近は、共働きの世帯が増えたことや黄砂やPM2.5などの大気汚染問題の影響もあり、室内に洗濯物を干すスペースのご要望も多くなってきているよう。洗面脱衣所に物干しスペースを作ったり、ユーティリティを備えた家づくりが人気ですよ。
 
これから家づくりをお考えの方は、よかタウンのモデルハウスにぜひお越しください!