梅雨時期も快適!よかタウンの炭の家

2020.06.09   お知らせ 

こんにちは!
よかタウンの広報担当です。
6月といえば、梅雨の季節。恵の雨に美しい紫陽花など、風情のある美しさも感じる時期ですが、長雨やジメジメ感など生活する上ではマイナス面を感じやすいですよね。

 

そんな梅雨時期の暮らしを快適にするために一役買ってくれるのが「炭」。炭には、余分な湿気を吸着する調湿効果があります。よかタウンの注文住宅は、天井裏や床下に炭が敷き詰められているので、梅雨時期も快適に過ごしやすいんです!

 


自然素材の炭が梅雨時期の湿気を除去


 

よかタウンの炭の家は全て出雲産の上質な炭を使用。一般的な炭よりも高温で焼いて「調湿能力」を最大限に高めているので、備長炭と比較すると調湿力は2倍以上にもなります!
炭は梅雨時期の余分な湿気を取り除き、室内を快適な環境に整えてくれます。
 

カビやダニの発生抑制も期待できる


 

余分な湿気はカビやダニを発生させ、喘息などのアレルギーを引き起こす原因にもなります。
炭の家では備え付けの炭が余分な湿気を取り除くので、カビやダニの発生を防ぎます。
この時期、除湿器や空気清浄機は必須という方も多いと思いますが、よかタウンの炭の家に住んでいる方は、どちらもほとんど使っていないようです。だから省エネ効果も期待できるんです。
 

梅雨時期の嫌なニオイが気にならない


 

湿気が多くなると、洗濯物の生乾きのニオイや湿気によって発生したカビのニオイなども気になりますよね。
炭には、調湿効果に加えて消臭効果もあります。ニオイの元となる粒子を吸着することで、ニオイの根本原因を取り除きます。

 

何か特別な対策をしなくても、すでに備わっているという安心感。人にも環境にもやさしい自然素材なのも嬉しいですよね。モデルハウスや営業所では、実際に使っている炭も見ていただけますよ。