空間の質をぐんと上げる照明の使い方

2020.05.14   お知らせ 

こんにちは!
よかタウンの広報担当です。
今回は、照明について。シンプルな部屋でも照明にこだわるだけで空間の質がぐんと上がります!

 


部屋全体を照らす「ダウンライト」


 

ダウンライトは、天井を彫り込んで付ける照明で部屋全体を照らします。空間に広がりを見せて明るく快適な空間を演出。リビングやキッチン、寝室、洗面脱衣所までどんな部屋にも適しています。

 

明るさが調整できる調光タイプならシーンに合わせて変えることも可能。ダウンライトや間接照明と組み合わせて楽しむのもおすすめですよ。
 

手元を照らす「ペンダントライト」


 

ペンダントライトは、天井から吊るすタイプの照明です。キッチンカウンターやダイニングテーブルを照らす照明としてよく使われます。暖かみのある光が家族のだんらんを優しく演出してくれますよ。

 

ペンダントライトは意匠性も高いので、空間のアクセントとして取り入れたり、ワンランク上のおしゃれな空間を演出したい方によく選ばれています。
 

シンプルな部屋のアクセントに「間接照明」


 

壁の隙間から放たれる柔らかい光が特徴。照明器具が直接見えないので、すっきりとした空間に見せてくれます。リビングや寝室に採用される方が多く、特に男性に人気。
大人っぽいスタイリッシュな空間に見せてくれるので、シンプルモダンなインテリアがお好みの方におすすめです。

 

ただ、間接照明は壁や構造に関わる部分なので建築条件によっては後から施工ができない場合も。間接照明をご希望の場合は設計の段階で計画しておきましょう。
 
 
照明によって部屋の雰囲気がずいぶん変わりますよね。モデルハウスでは様々なタイプの照明を使っているので、ぜひ見学に来てくださいね。