「妥協はしたくない!でもコストは下げたい!」そんなお悩みに。

2020.03.26   お知らせ 

こんにちは!
よかタウンの広報担当です。

 

“妥協はしたくない”
“でも、コストはできるだけ下げたい・・・”
 
そんな葛藤がつきものの家づくり。多くの方にとって家づくりで最も気になることが「お金のこと」なのではないでしょうか?
そこで、今回のブログでは妥協せずにコストを下げるためのアイデアをご紹介します。


その広さ、本当に必要?
 



コストを下げたいときにまず考えたいことは、「部屋の広さ」を見直すこと。ただ、リビングなどの共有スペースは、家族が快適に過ごすための広さをキープしたいです。

 

そうなると見直したいのは、「主寝室」「子ども部屋」「玄関」などのスペース。主寝室や子ども部屋は6〜7.5畳をご希望の方が多いですが、収納をしっかり確保すれば5畳や4.5畳でも十分かもしれません。ほんの少しの見直しでコストも変わってくるものです。


和室、シューズクローク、本当に必要?
 



次は、部屋そのものの見直し。
例えば、和室。和室をつくる目的は何ですか?どんなふうに活用したいと思っていますか?その理由によっては、今のライフスタイルには必要ないのかも・・・。
 
シューズクロークもあると便利ですし、憧れではありますが、実際には靴を収納できるスペースがあれば十分という場合だってありますよ!「何を」「どのぐらい収納したいのか」、具体的にしてみることからやってみましょう。


階段の位置
 



少し前のブログでもご紹介しましたが、2階建の住宅の場合、階段の位置によって2階の部屋の広さが変わってきます。階段の位置を2階の中央にすれば、廊下が短くなり2階部分の面積を小さくすることも可能。

 

家づくりでは、漠然と理想を描いている状態から
「なぜ、このスペースが必要なんだろう?」
「なぜ、この広さが必要なんだろう?」
そんなふうに問いを立てて、本当に必要なものものを明確にしていく作業が大切だと感じます。
 
よかタウンは、あなたの理想の家づくりのパートナーとなり、細かいところから全力でサポートさせていただきます!