冬の結露を防ぐ家づくり

2020.02.13   お知らせ 

こんにちは!
よかタウンの広報担当です。
 
寒い冬のお悩みの1つ、窓に付着する「結露」。それが原因でカビが発生・・・なんてこともありますよね。
実は、よかタウンの炭の家、冬の結露もできにくいんです!今回は、その秘密についてご紹介します。

 
 

結露はどうして起きる?


結露は、寒い室外と暖かい室内の温度差によって空気中の水蒸気が水に変わることで発生します。だから寒暖差が大きくなる冬場によく見られるんです。
 

炭は、結露を起きにくくする!


 
 

天井裏に敷き込んだ炭が寒暖差によって発生した余分な湿気を吸着することで、結露を防いでくれます。カビの発生も抑えるので、キレイな空気の中で安心して暮らしていただけます。

 

24時間自動換気システムが炭との相乗効果を高める


 
 

こまめに換気を行うことも、結露防止をするうえで大切です。24時間換気システムのツイン・エアー・フレッシュが空気を屋外に出す排気運転と、屋外から空気を取り入れる吸気運転を繰り返し、炭の力を最大限に高めてくれています。

 

ペアガラスで室内と室外の温度差を緩和


 
 

ペアガラスは2枚のガラスの間に空気の層があるため、単板ガラスよりもガラス表面の温度が上がりにくく下がりにくい、断熱効果があります。これによって室外と室内の温度差を緩和して、結露を出にくくします。
 


 

また、湿気は結露やカビの発生だけでなく、シロアリを発生させて家そのものの寿命を縮めてしまう原因にもなります。

炭の家は、天井裏と床下に炭を敷き詰めて余分な湿気を外に排出しています。その結果、長く安心して住める環境をキープしてくれているんですよ。