住宅会社で土地相談をするメリット

2019.12.17

こんにちは!よかタウンの広報担当です。
「土地探し」といえば、不動産会社にお願いするのが一般的ですが、よかタウンは住宅会社でありながら土地にも自信があります!
今回は、不動産会社ではなく住宅会社で土地相談をするメリットについてお伝えします。


住宅会社で相談するメリット

ハウスメーカーは「家」を扱い、不動産会社は「土地」を扱います。よかタウンは、「家」と「土地」の両方を持っているのが他社にはない強み。それができるのは、よかタウンが不動産会社から始まった会社だから。不動産会社にも負けないぐらい土地には詳しいと自負しています!

不動産会社で扱っている土地の中には、住宅には適していない土地が潜んでいることも。そのような土地の場合、土地代以外にも土地の造成代がかかったり、家を建てられる面積が想像よりも狭くなるといったリスクがあります。

 

よかタウンは、住宅会社だからこそ建築の視点からも土地の見極めができるので、間違った土地購入を未然に防ぐことができます!土地は、建築用に造成もした状態でお客様に提供していますので、購入後に余計なコストがかかることもありません。

 


土地相談には、その方に合わせて3つの入口を用意

よかタウンでは土地のご相談を受ける際に、その方の状況やご要望によって大きく3つの入口を用意。

1.土地の知識を深める
2.土地の相場をお伝えする
3.お金の不安を解決する



土地には住宅に適したところ、そうでないところがあります。理想の家を建てるために、お客様と一緒に実際の土地を回りながら知識を深めていくこと、土地の相場や坪単価をお伝えすること、一緒に資金計画を立ててお金の不安を解決すること。その方に合わせてご相談に乗っています。
 
 
土地は親から子、子どもから孫へと受け継ぐものです。家より土地が資産になるからこそ、最初にしっかりと見極めていただきたいと思っています。