あると便利!シューズクロークの魅力

2020.04.09   お知らせ 

こんにちは!
よかタウンの広報担当です。
 
お客様からもご要望が多いシューズクローク。なんとなくあった方がいいとは感じるものの、何がそんなに魅力なのか? 今回は、そんなシューズクロークの魅力についてご紹介します!

 


花粉や黄砂、PM2.5などが気になる季節に


シューズクロークは、外で使う溢れがちなものをすっきり収納できます。靴はもちろん、傘やアウトドア用品、ベビーカー、子どもが外で使うおもちゃやスポーツ用品など。玄関をいつもキレイに保ってくれます。

 

花粉や黄砂が気になるこの時期は、コートをかけておける点も魅力的です。花粉症やアレルギーをお持ちの方は特に、外で着たコート類を部屋の中に持ち込みたくないですよね。玄関の外で花粉や黄砂を払い、シューズクロークにかけておけば安心です。
 

シューズクロークの目的、動線計画を


 

シューズクロークを作るときに“なんとなく”で作ってしまうと、実際使うときに使いづらくなってしまうので注意が必要です。シューズクロークに「置きたいモノ」、「モノの置き場所」、「出し入れのしやすさ」まで考えて計画することが大切です。

 

以前ご紹介した糟屋モデルハウスは、シューズクロークからそのまま家の中へあがることができます。キッチンや洗面までの動線が短く、荷物をたくさん抱えて買い物から帰ってきたときや、子どもが汚れた服で帰ってきたときにもとっても便利です。
 

荷物の一時置き場にも


 

シューズクロークは、宅配や買い物したものを一時的に置くスペースとしても重宝します。家庭菜園をしている方には、土付きの野菜を保管する場所としても土間が大活躍!

 

シューズクロークを作るときは、「何を置きたいのか」「どう使いたいのか」という目的を明確にしておけば、暮らしにフィットする便利な場所になりますよ!